自分のスキルを活かせる仕事を見つける【仕事チャレンジ】

雇用を促進

障害者雇用を後援する制度があります。

障害者を雇う行う企業は年々増えてきつつあります。しかし、障害者雇用促進法における障害者雇用の法定雇用率を達成している企業はまだ少数派となっています。 しかし、その一方で現在障害者雇用を後援する制度・整備は充実しつつあります。例えば、障害者雇用率を達成している会社にはその超過人数分の補助金がもらえる制度があります。また、障害者の短時間労働(この場合、1人の短時間労働で0.5人分の障害者雇用カウントとなります)における制度や、企業と障害者の雇用もしくは労働におくるマッチングをはかるジョブコーチ制度もあります。その他にも様々な制度があります。 つまり、障害者雇用を後援する制度や法整備が以上のように存在しており、補助金制度もそれなりに充実しているため、企業側は是非とも既存制度等を把握しておくと有益なのです。

社会福祉専門職を雇うことが方法の一つとして挙げられます。

しかし、いざ障害を抱えている人を雇うとなれば、馴染みのない障害特性等で悩む企業も多いことでしょう。また、障害当事者も障害特性に関してなかなか理解が得られないことで、ストレスや苦痛を感じ、働きにくくなる人め多いことでしょう。 その解決法の一つとして、企業側が社会福祉専門職を雇うことが挙げられます。社会福祉専門職を雇うことで、企業側は障害特性に関する知識や対応を知ることができます。また、企業と障害当事者のマッチングもしくは調整をはかる役割も担います。そのため、企業側はより安心して雇用、障害当事者はより安心して労働できることが期待できるのです。 以上のように実践することで、障害者雇用の幅をさらに拡大することが期待できるのです。

↑ PAGE TOP